お問い合わせはLINEかメールで

名古屋の親身な結婚相談所

「出会いがない!」と嘆く前に知っておくべき統計と、するべき4つのこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「出会いがない!」
結婚相手が見つからないのは、出会いがないせいだと思っていませんか?

確かに出会いがなければ、結婚相手どころか恋人も見つかりませんよね。しかし、出会いがないと嘆くばかりでは前に進めません。

今の生活だと全く出会いがなくて…

甘ーい!!出会いは訪れるものではなく、自分で作るものなんです!

そこで今回は、出会いと無縁の方に向けて、出会いと結婚についての統計、異性と出会う方法、そしてその後交際に発展するためにできることを解説します。

最後まで読めば、出会うためにやるべきことをマスターできますので、ぜひ読み進めてくださいね。

出会いがないと結婚はできない?データが語る出会い方と結婚

まずは、出会いと結婚の統計をチェックしておきましょう。

日本の婚姻率は年々減少しています。1947年に12.0%だった婚姻率は減少の一途をたどり、2015年には半分以下の5.1%。

昔と今では、若者の収入や雇用形態など大きな違いはあり、その違いが婚姻率の減少に影響を与えていることはいうまでもありません。

ただ、婚姻率の減少はそれだけでなく、「出会い方の変化」にもあるといえます。

婚姻率が高かった1945年から1949年に結婚をした初婚同士の夫婦のうち59.8%がお見合い結婚、恋愛結婚は21.4%でした。

一方で2005年から2009年のお見合い結婚の割合は5.3%、恋愛結婚の割合は88%。

つまり、「お見合い」という強制的な出会いがあった時代は、男女は結婚しやすかったといえるのです。

親や会社の上司など周りの人々が強制的に出会いを作ってくれていた時代は、今よりも結婚までのハードルが低かったこと確かですね。

だから、出会いがないと嘆いている方は、「待ちの姿勢」ではなく、自分から出会いを探すために行動を起こすべきなのです。

厚生労働省 「人口動態統計」https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/measures/w-2017/29pdfhonpen/pdf/s1-2.pdf】
【厚生労働省「平成27年版厚生労働白書-人口減少社会を考える-」https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/15/backdata/01-01-03-009.html】

出会いがない人がやるべき4つのこと

上記のように、出会いがない人は積極的に行動するべきことが分かりました。では具体的にどのようなことをするべきなのかをお伝えします。

  • 外見を整える
  • 日頃から会話の引き出し作りをする
  • 日々の暮らしに出会いを求めない
  • 出会いを自分で見つけに行く

出会いがない人がやるべきこと①外見を整える

出会いを求める前にやるべきことは、外見の整備です。

人は見た目が90%というように、初対面の相手の印象のほとんどは見た目で決まります。もちろん、付き合う場合も結婚をする場合も大切なのは二人の相性や相手の中身。

しかし、「もっとこの人のことを知りたい」を思ってもらえなければ意味がありませんよね。

だから、まずはあなたに興味を持ってもらうために外見を磨きましょう。なにから手を付けたらよいかわからない方は、こちらのチェックリストを見ながら外見磨きに着手してみるとよいですよ。

  • 洋服を買い換える
  • きれいな靴を買う
  • 美容院にいく
  • コスメカウンターで似合わせメイクをしてもらう(女性)

日頃、洋服にそれほどこだわりがない方は、「どんな服を買えばよいのかわからない」と悩んでしまいますが、そんなときはショップの店員さんに相談をしてみましょう。

予算を伝えればあなたにぴったりなテイストで、トータルコーディネートをしてくれますよ。

出会いがない方がやるべきこと②日頃から会話の引き出し作りをする

男女の仲を深めるために大切なのは、「会話」です。あくまでも外見は興味を持ってもらうためのもので、あなたのことを好きになってもらうためにはコミュニケーションが必要です。

せっかく相手のことを気に入っても、会話のキャッチボールが成立しなければ関係を深めることができません。

会話の得意、不得意は人それぞれですが、誰でも会話上手になれるコツは「日頃から会話の引き出し作りをしておくこと」。

といってもわざわざ「雑学本」などを買う必要はありません。インターネットで話題になっていることに一通り目を通し続けるだけで、自然と会話の引き出しは増えます。

だからといって、それらのネタについて一人で話し続けるのはNG。会話はあくまでもキャッチボールだということを忘れないでくださいね。

出会いがない方がやるべきこと③日々の暮らしに出会いを求めない

出会いがない方は、日々の暮らし、これまでの人生の中から出会いを発掘しようとしがちです。

確かに会社の同僚や取引先の方、同級生や同窓生など数多くの異性が存在していることでしょう。そこから恋が生まれることは否定しません。

しかしながら、日々の暮らしの中での出会いがすべてではありません。むしろ日常生活で出会える異性、しかも恋愛対象となりえる年齢の異性は非常に限られています

普通に暮らしていて、「この人素敵だな」と思える人は、1年間に何人いたでしょうか。多くても10人、少なければ1人か2人というところ。

その中から恋人や将来のパートナーを選ぶのは、そもそも無理難題です。ましてや、お互いがお互いを気に入り交際に発展する確率を考えたら、途方に暮れたくなりますね。

もちろん、日々の暮らしの中に出会いがあるかもしれないと考えて生活することは悪いことではありません。しかしながら、それはとても効率が悪いということは覚えておいてください。

出会いがない方がやるべきこと④出会いを自分で見つけに行く

出会いがない方が、最終的にやるべきことは「自分から出会いをつくること」です。どんなに待っていても食パンを加えた美女orイケメンと曲がり角でぶつかることはありません。

自ら出会いを作り、自分の目でお相手を選びましょう。出会いの場の代表例がこちらです。

  • 相席居酒屋
  • お見合いパーティー
  • マッチングアプリ
  • 結婚相談所

この中でも、最近はマッチングアプリでの出会いが人気。マッチングアプリは、あなたの好みのスペックでパートナーを検索できて、気に入ったお相手とアプリ上でメッセージのやりとりができます。お互いに気が合えば、リアルでデートをして交際に発展することも。

ただし、マッチングアプリの中には、遊び相手を探している既婚者が登録しているものや、パパ活女子の活動の場になっているものもあり注意が必要です。

真剣な出会いを探している方は、マッチングアプリではなく、結婚相談所を活用してみましょう。結婚相談所は、入会金や月会費がかかるかわりに、カウンセラーがあなたの好みや性格を把握した上で、お相手を探してくれますので無駄な出会いを省けます

また、「外見の整え方」や「お見合いでの会話の進め方」なども婚活をトータルで指導してくれる結婚相談所もありますので、「全部不安!」という方は、そういった相談所を選ぶとよいですよ。

まとめ:出会いがない人は、外見磨きからスタートして出会いを待つのではなく作ること!

今回は出会いがないと嘆いている方に向けて、やるべき4つのことを説明しました。婚姻率が高かった昭和時代は、恋愛結婚ではなくお見合い結婚が一般的でした。

結婚をしたければ、自然な出会いを待つのではなく結婚相談所等を積極的に活用をして出会いを自ら創り出しましょう。

また、出会ったときにあなたに興味を持ってもらうために、外見を磨き、楽しい会話の方法を身につけてくださいね。大切なのは、待ちの姿勢ではなく攻めの姿勢を貫くことです。

クロヤギ結婚相談所では、カウンセラーがぴったりな服の選び方、デートのお作法などもアドバイスしておりますので、困っている方はお気軽にご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© クロヤギ相談所 , 2020 All Rights Reserved.